日本最大級の保険一覧比較サイト「保険市場」

生命保険、失敗しない見直し更新の為に

このページに来たということは、今加入している生命保険に満足していませんね?または、結婚、離婚、子供の出産、就学などの転機を迎えていらっしゃいますね? あっ!ただ単に、今入っている生命保険の支払い保険料が上がるタイミングの人もいらっしゃいますか? このページには、見直しや更新時の生命保険商品の選び方を書いてみました。時間があれば下の方まで読んでいってください。

生命保険どうやって選びましたか?

生命保険の見直し(更新)、選び方

 私がまだ若かった頃、お昼休みになるとアメをくばって歩いているニッセイのおばちゃん(もちろん他社の保険外交員も)が数人、ヤクルト売りのおばちゃんと、ふだんは部外者立ち入り禁止の会社内に入ってきて、昼寝のじゃまをしてくれていたっけ・・・。
 新入社員の時は、なんでこの人たちだけ?と特権階級を不思議に思ってたけど、今では社会のしくみを学んだので、なんとも思わなくなりました。また、セールスレディーの時代になりましたので、若い人が多くなりましたね。
 以前は、生命保険といえば各社横並びの終身保険ありきに医療保険が特約で付いた商品が主流というか、それしか無かったか?セールスレディの都合で他の物を紹介されませんでした。せいぜい数年ごとにボーナスが貰えるタイプがあっただけでした。
 新入社員の自分が死ぬなんて考えたことも無い、老後がイメージ出来ない、病気とは縁の無い健康な元気バリバリの時に、将来のためにとか、社会人になったら当然の義務みたいな言われ方をして生命保険に加入してはみたものの、思ったように給与の手取りが上がらなかったり、結婚したり、子供ができたりで、生命保険料が負担に思えたり、逆に保障が少なくて不安になったりと、何年かおきや、人生の転機において生命保険の見直しは避けて通れませんね。
 そんなあなたにオススメなのは、三井生命です、生命保険のランキングでは、トップ企業とはいえませんが、なんと言っても旧財閥系の「三井」ですから安心です。イメージキャラクターが、卓球の福原愛ちゃんっていうのが、企業姿勢が出ていて良いですね。保険営業員に頼らない展開で、種類が豊富ですので、きっとあなたにピッタリの保険が見つかるはずです。

このアイコンをクリックし、開いたページ中央部の「資料請求」より詳しい資料を取り寄せてください。見積もりも取れます。

 死亡保険全盛から、がん保険、入院保険、医療保険とトレンドが移ってきました、自分が死んだ時に残されたご家族の為に蓄えをという目的から、万が一病気になった時に、先端医療を受け、生き残る為の費用を確保するという目的に変わってきたということでしょう。それだけ医療技術が進歩したということかもしれませんね。
 また、あっちこっちで自由化の波が押し寄せ、生命保険会社と損害保険会社が入り乱れ、外資系生命保険会社も多数参入し気になる保険がいっぱいあるから、いろいろな保険の資料を取り寄せて比較検討して選びたい人は、こちらのインターネット代理店の保険市場のサイトがオススメです。人気ランキング一覧や比較検討ができ、自分の欲しい資料を選んで一括請求できる、便利なサイトです。

日本最大級の保険一覧比較サイト「保険市場」

 逆に生命保険の種類が多すぎて何がなんだかわからない?でも失敗したくない。そんなあなたには! 特定の生命保険会社に属していないファイナンシャルプランナーが無料で現在加入している生命保険の診断や相談に乗ってくれるので、1社の生命保険商品に偏ることなく、公正・中立な立場で、広く保険商品やライフプランを提案してもらえる。あとで何度も電話が掛かってきたり、しつこく営業されるのはいやだけど、専門的な知識が無いので相談にのってもらいながら決めたいという方はこちらの生命保険契約ナビのサイトがオススメです。

生命保険の無料相談は生命保険契約ナビへ

尚、最新の情報は必ず各生命保険会社に問い合わせくださいね。